アレルギーリサーチグループ ベルベリン

Posted by リンクプロ on

ベルベリンは、バーバリー、ゴールデンシール、オレゴングレープ、コプティスに含まれるアルカロイドです。アレルギーリサーチグループのベルベリンは、インドバーバリーの根抽出物(Berberis aristata)から得られたもので、純粋で高濃度(97%)の形態です。ベルベリンは、正常な範囲内で健康なコレステロールをサポートし、正常な血糖値と呼吸器および消化器系の微生物のバランスを保つのに役立ちます。

バーバリーはもともとヒマラヤや極東の他の地域で見つかりました。ベルベリンは根から抽出されますが、アーユルヴェーダの伝統では、バーバリーの根、茎、および果実がさまざまな方法で利用されます。20世紀初頭から、ベルベリンの微生物バランス効果が西洋で注目され、研究されてきました。近年の研究では、正常な血糖値とインスリン感受性をサポートする効果、正常な血液脂質レベルをサポートする効果にも焦点が当てられています。初期の研究は、心臓、消化器系、肝臓の正常で健康な機能をサポートする可能性があることを示唆しています。多くの研究が、血糖値の調整と代謝に対するベルベリンの効果に集中しています。

ベルベリンの多くの効果の一つには、強力な抗酸化作用があります。ベルベリンは、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)の活性を増加させる一方で、マロンジアルデヒドとスーパーオキシドアニオンのレベルを低下させる可能性があります。研究で安全かつ効果的であることが確認された典型的な用量は、1日2~3回の500 mgです。ヒトでの安全性研究のデータでは、肝酵素、一般的な血液パラメータ、腎臓または心血管機能に悪影響がないことが示されました。ベルベリンは、一部のシトクロムP450(CYP)酵素(CYP2D6、CYP2C9、およびCYP3A4)の活性を抑制する可能性があります。

アレルギーリサーチグループのベルベリンは非遺伝子組み換え(Non-GMO)であり、一般的なアレルゲンは成分に含まれていません。

アレルギーリサーチグループ


Share this post



← Older Post Newer Post →