大豆アレルギーとは

Posted by リンクプロ on

大豆アレルギーは、乳幼児や幼い子供たちの間でより一般的であり、米国の乳児の約0.4%が大豆アレルギーを持っています。大半の子供は大豆に対するアレルギーをやがて克服しますが、生涯を通して大豆にアレルギーを持つ人もいます。

大豆アレルギーを持つ人が大豆に触れると、大豆のタンパク質がその人の免疫システムによって作られる特定のIgE抗体と結合します。これにより、その人の免疫反応が引き起こされ、軽度から非常に重度の反応症状が出ることがあります。

大豆はマメ科の一員です。豆、エンドウ、レンズ豆、ピーナッツもマメ科に属します。ピーナッツアレルギーの患者が大豆に反応することは稀ですが、逆は真実ではありません。ある研究によると、大豆アレルギーの患者の最大88%がピーナッツアレルギーを持っているか、ピーナッツにかなり感作されていることが分かりました。大豆アレルギーを持つ個人は、豆やエンドウ、レンズ豆のような非ピーナッツのマメ科に対するものよりも、ピーナッツ、木の実、卵、牛乳、ゴマなどの主要なアレルゲンにアレルギーを持つか、または感作される可能性が高いです。

アレルギーリサーチグループ


Share this post



← Older Post Newer Post →