アレルギーリサーチグループ 200 mg of Zen

Posted by リンクプロ on

アレルギーリサーチグループのZen 200 mgには、γ-アミノ酪酸(GABA)およびテアニン(グルタミン酸γ-エチルアミド)が含まれており、これは緑茶(Camellia sinensis)に自然に含まれるアミノ酸誘導体です。これらは一緒に、日中でも夜間でも鎮静せずに健康な気分とリラックス感をサポートします。*

また、以下のアレルギーリサーチグループ製品もご利用いただけます:

  • アイテム #74700:60ベジタリアンカプセル
  • アイテム #76650:120ベジタリアンカプセル
  • Liposomal Zen® アイテム #76810 50 mL (1.7 fl. oz.)

Liposomal Zen®は、Zen 200 mgの高度なデリバリーバージョンです。* リポソームデリバリーシステムは、リン脂質を使用して直接吸収を増加させます。* 単層リポソーム(単一二重層)は、成分を球状のリン脂質二重層膜内にカプセル化し、上部腸管での直接吸収を増加させます。

研究によれば、食事成分は体内の神経伝達物質(例:セロトニン、ドーパミン、ノルエピネフリン、GABA)のレベルを調節できます。これらの神経伝達物質のレベルの変動は、代謝ストレスやビタミン欠乏(例:ビタミンB6)によって引き起こされる可能性があり、気分や感情状態、運動機能に大きな影響を与えます。*

GABAは脳内の主要な抑制性神経伝達物質であり、中枢神経系シナプスの20%で活動しています。GABAは、ニューロンA受容体を介して塩化物イオンの流入を引き起こすことにより、ニューロンを抑制します。GABAによって開始されるこの塩化物の流入は、気分、筋肉の弛緩、鎮静に関与する身体のメカニズムの一部であることが知られています。* GABAの抑制媒介物質としての機能の低下やGABA受容体の感受性の異常調節は、ニューロンの活動増加を引き起こす可能性があります。*

テアニンもまた、鎮静効果があることが認識されています。* テアニンは独自の特性の組み合わせを提供し、一時的な不眠を和らげるのを助けたり、疲労や眠気を感じるときに冷静な覚醒をサポートしたりします。* 人間の研究では、経口テアニン補給がアルファ波活動を増加させ、穏やかなリラクゼーション状態を促進することが示されています。* テアニンはまた、月経前症候群中の正常な健康な気分をサポートし、月経前症候群の通常の症状を軽減します。*

L-テアニンは緑茶の成分ですが、Zen 200 mgにはカフェインが含まれていません。アレルギーリサーチグループは、Taiyo International, Inc.からの純粋なL-テアニンであるSuntheanine®のみを使用しています。

アレルギーリサーチグループ


Share this post



← Older Post Newer Post →