アレルギーリサーチグループ DHEA

Posted by リンクプロ on

アレルギーリサーチグループのDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)は、脂質基質にマイクロナイズされています。つまり、DHEAは微細な結晶にまでサイズが縮小され、脂質マトリックスに安定化されています。この高度なシステムにより、吸収特性が最適化された製品が生まれます。マイクロナイズド脂質マトリックス錠剤システムは、DHEAをリンパを介して全身循環に直接供給することを可能にします。脂質マトリックスは、50ミクロン未満の微細なDHEA結晶を胃酸から保護し、その後、リンパを通じて吸収させます。これにより、肝門静脈および肝臓の「初回通過効果」を回避し、より高いDHEAレベルがより長期間にわたって利用可能になります。脂質マトリックスシステムを使用しない調製物(マイクロナイズドまたは非マイクロナイズド)は、最初に門脈系を通過する必要があります。

アレルギーリサーチグループのDHEAは大豆フリーで、野生のヤムイモを出発材料として使用しています(非遺伝子組み換え、非照射、非エチレンオキシド処理)。体は、副腎および少量ですが精巣や卵巣で、自然に存在するコレステロール代謝産物プレグネノロンからDHEAを生成します。DHEAは、男性および女性の性ホルモンの前駆体です。プレグネノロンレベルと同様に、DHEAレベルも加齢とともに減少し、プレグネノロンよりも急速に減少します。人間は通常、30代にDHEAの最大レベルを生成し、その後、DHEAレベルは加齢とともに毎年平均3.1%減少します。

DHEAの摂取を開始する前にホルモンレベルを測定し、サプリメントを摂取している間は定期的にチェックすることが推奨されます。

アレルギーリサーチグループ

 


Share this post



← Older Post Newer Post →