コエンザイムQ10

Posted by リンクプロ on

コエンザイムQ10は、体全体、特に心臓、肝臓、腎臓、膵臓に見られるビタミン様物質です。肉や魚介類に少量含まれます。コエンザイムQ10は実験室でも作ることができます。

コエンザイムQ10は、心不全や体内の体液貯留(うっ血性心不全またはCHF)、胸部痛(狭心症)、高血圧など、心臓に影響を与える状態に最も一般的に使用されます。また、片頭痛、パーキンソン病、および他の多くの状態を防ぐために使用されます。

コエンザイムQ10は1957年に最初に同定されました。「Q10」は物質の化学的構成を指します。

Share this post



← Older Post Newer Post →