Source Naturals(ソースナチュラルズ)ベンフォチアミン

Posted by リンクプロ on

私たちの文化において、グルコースの不均衡による壊滅的な影響は流行しています。血液中の糖の蓄積は—細胞、腎臓、視力、全身にダメージを与え—人間の健康を荒廃させます。この不均衡と戦うために、ビタミンB-1の利点は長く知られています。それはグルコースレベル、循環、血液形成、代謝、消化を調節し、多くの体のプロセスのエネルギーをバランスさせます。今、これらの利点が強化された形、Source Naturals(ソースナチュラルズ)からのベンフォチアミンとして利用可能です。

ビタミンB-1(チアミンとも呼ばれる)は動物性および植物性の多くの源から来ます。ベンフォチアミンは脂溶性であるため、従来のチアミンよりも体によって吸収され利用されやすいB-1の源です。より吸収されやすいため、正常なグルコースレベルを維持するのにより効果的であり、腎臓、静脈と動脈、網膜など多くの体のシステムにとって重要です。

Source Naturals(ソースナチュラルズ)は、細胞レベルでのグルコース不均衡に対抗する強化されたB-1形式のベンフォチアミンを提供しています。

グルコース管理 インスリン(すい臓で作られるホルモン)は、血液中のグルコースの量と細胞へのグルコースの吸収率を制御します。この自然な制御が失敗すると、結果として血液中に糖が蓄積し、細胞や血管、腎臓、目、全身にダメージを与えます。グルコースは生物学的老化の主要な要因です。エネルギーとして使用されない余分な糖は、実際には細胞や組織を燃焼させるプロセスである糖化で最もよく見られます。この状況を悪化させるのは、糖や精製炭水化物が豊富な典型的なアメリカの食事で、体が適切なグルコースレベルを維持するための微妙なバランスが圧迫されます。

強化チアミン源 ベンフォチアミンは1950年代に日本で開発されました。これはニンニク、タマネギ、ニラなどのネギ属の野菜に含まれるビタミンB-1の誘導体です。ベンフォチアミンはアリチアミンと呼ばれる化合物の一種で、最も重要な特徴は脂溶性であることです。これにより、体の多くの臓器によってより簡単に吸収されます。尿排泄分析によると、研究されたチアミンの形態の中でベンフォチアミンは最も生物学的に利用可能で、最も簡単に使用され吸収される形態であることが示されました。

ベンフォチアミンは、有害なグルコース代謝物を無害な化学物質に変換する酵素であるトランスケトラーゼの活動を強化すると考えられています。これにより、腎臓や網膜の小動脈や毛細血管を覆う内皮細胞を保護し、それを超えて全血管および循環システムを保護します。

Source Naturals(ソースナチュラルズ)


Share this post



← Older Post Newer Post →