ジョンズホプキンス大学医学部病院のシュロス法の説明

Posted by リンクプロ on

シュロス法による側弯症治療

シュロス法は、側弯症治療のための物理療法アプローチです。これは、各患者の脊椎のカーブに合わせたエクササイズに基づいています。

知っておくべきこと

シュロスのエクササイズは、側弯症の重症度にかかわらず、全ての年齢の患者に利益をもたらす可能性があります。 シュロス法を学ぶ際は、シュロス訓練を受けた物理療法士または専門家の指導を受けるべきです。 シュロスプログラムの期間は異なり、側弯症をコントロールするために自宅でエクササイズを続けることが期待されます。

 シュロス法とは何か?

シュロス法は、側弯症治療のための非手術オプションです。これは、各患者に合わせたエクササイズを使用して、曲がった脊椎をより自然な位置に戻すことを目的としています。シュロスのエクササイズの目標は、脊椎を三次元的に脱回転させ、延長し、安定させることです。これは、以下に焦点を当てた物理療法を通じて達成されます:

筋肉の対称性と姿勢の整列の回復

体の凹側への呼吸

姿勢の自覚を教える

この側弯症治療へのアプローチは、カタリナ・シュロスによって開発され、彼女の娘クリスタによってさらに普及されました。カタリナ・シュロスは1800年代後半にドイツで生まれ、装具による治療が成功しなかった自身の側弯症を管理するために、独自の呼吸法とエクササイズを開発しました。彼女と娘はクリニックを開き、一度に150人以上の患者を治療しました。

側弯症のためのシュロスのエクササイズとは?

側弯症は複雑な状態です。背中から見ると、C字型またはS字型の横向きのカーブのように見えます。しかし、肉眼では見えないのは、脊椎がカーブを形成する際に椎骨がどのように回転するかです。椎骨の間の空間も、ある領域では圧縮され、他の領域では伸ばされる場合があります。そのため、側弯症のための物理療法は、全ての角度からカーブを対処するための3Dアプローチを必要とします。

側弯症における脊椎の回転は、各人で異なります。シュロスのエクササイズは、あなたの脊椎のユニークなカーブに合わせて調整されます。エクササイズは、立っている時、座っている時、または横になっている時に実行できます。治療ボール、ポール、シュロスバーなどの小道具も、側弯症を修正するのを助けるために使用できます。

人によって異なるシュロスのエクササイズには、3つの重要な要素が含まれます:

筋肉の対称性

あなたの脊椎のカーブの変化は、背中の筋肉にも影響を与えます。背中の一方の側では、筋肉が弱くなり、消耗するかもしれません。他の側では、筋肉が過度に働き、目立つかもしれません。シュロスのエクササイズは、両方の問題に対処するよう設計されており、筋肉の対称性を達成することを目指しています。

回転角呼吸

呼吸はシュロス法の重要な部分です。この方法は、回転角呼吸と呼ばれる特別な呼吸法を使用します。この考え方は、呼吸によって脊椎を回転させ、肋骨と周囲の軟組織を再形成するのを助けることです。

あなたの姿勢の自覚

カタリナ・シュロスは、彼女の元の実践で鏡に大きく依存しました。鏡は、患者が自分の姿勢の自覚を高めるのを助けました。あなたの脊椎の位置を意識することは、それを修正する最初のステップです。日常生活の活動に関しては、特に姿勢の自覚が重要です。もし側弯症がある場合、それを悪化させるかもしれない位置に常に注意する必要があります。

側弯症のための物理療法:ソフィーの話

患者ソフィーを助けるピーティング・リエンとの側弯症エクササイズ ソフィーの母は、どの親でも家で簡単にできるテスト中に、娘の側弯症に気付きました。ソフィーの早期診断、夜間の装具矯正、そして物理療法士ピーティング・リエンによるガイド付きのシュロスのエクササイズのおかげで、ソフィーは手術なしで側弯症をコントロールすることができます。

ソフィーの話を読む

 シュロスプログラムを完了した後、どのような結果が期待できるか? ほとんどの患者は、シュロスプログラムを完了した後、脊椎の曲がり具合に目に見える改善を見ます。プログラムの期間は変わるかもしれませんが、通常は5回から20回のセッションを含みます。伝統的に、セッションは数時間にわたり、密な日程で設定されていました。今日、シュロスプログラムは通常、より緩やかで、より長い期間にわたって分散された短いセッションを含みます。ジョンズ・ホプキンスでは、セッションは通常、45分から1時間続きます。長さと頻度は、患者の耐容度と側弯症の範囲に大きく依存します。

カーブの修正以外に、シュロスプログラムの成果には以下が含まれるかもしれません:

改善された姿勢

改善されたコアの安定性と強さ

呼吸が楽に

痛みが少ない

改善された全体的な動作パターンと機能

改善された自己管理と脊椎の理解

より良い骨盤の整列

シュロスのエクササイズの主な目的は、側弯症の進行を防ぐことです。あなたの年齢、骨の成熟度、およびカーブの度合いに応じて、装具矯正も治療の一部であるかもしれません。シュロス特有の呼吸は、子供たちがカスタムブレース内で呼吸する方法を教えることで、装具矯正を補完します。シュロス法と装具矯正を使用して側弯症を管理することは、手術を避けたい患者にとってのオプションかもしれません。しかし、この治療を成功させるためには、シュロスのガイドラインへの長期的なコミットメントが必要です

 

大学 リンク

側弯症とシュロス法概説

側弯症について

シュロス法とは

シュロス法治療プログラム

 

 


Share this post



← Older Post Newer Post →