食物アレルギー

食物アレルギーは、多くの人に影響を与える深刻で生命を脅かす可能性のある病状です。13 人に 1 人の子供が食物アレルギーを持っています。これは、教室で約 2 人に相当します。そして3分ごとに、食物アレルギー反応で誰かが緊急治療室に送られます。

食物アレルギーは、アトピーマーチの一部と考えられている疾患の1つです。アレルギーマーチとしても知られるこの用語は、湿疹、食物アレルギー、アレルギー性鼻炎、喘息など、人の生活におけるアレルギー疾患の進行を指します。アレルギーになりやすい体質の子供が、成長するにつれて様々なアレルギー症状に悩まされることを、行進(マーチ)にたとえてアレルギーマーチと呼んでいるのです。誰もがこの行進(マーチ)に従うわけではなく、すべての状態を経験するわけではありません。

食物アレルギーの原因は?
体の免疫システムの仕事は、病気の原因となる細菌 (バクテリアやウイルスなど) を特定して破壊することです。食物アレルギーは、免疫系が無害な食物タンパク質(アレルゲン)に過剰反応するときに起こります。

アメリカで一般に言われる8 つの最も一般的な食物アレルゲンは、牛乳、卵、ピーナッツ、木の実、大豆、小麦、魚、甲殻類です。

家族のアレルギー歴は、誰かが食物アレルギーを発症するかどうかに影響を与えるようです。 湿疹や花粉症などの他の種類のアレルギー反応がある場合は、食物アレルギーのリスクが高くなります。 これは喘息にも当てはまり、喘息を経過する子供は、成長につれ食物アレルギーを発症しやすくなります。

食物アレルギーは食物不耐症と同じではなく、食物アレルギーの症状は他の病状の症状と重なっています。したがって、アレルギー専門医による適切な評価によって食物アレルギーを確認することが重要です。

食物アレルギーは深刻です

食物アレルギーの流行 Infograph

食物アレルギーはどの食物にも反応して起こる可能性があり、複数の食物にアレルギーがある人もいます。食物アレルギーは、小児期または成人期に発症することがあります。

すべての食物アレルギーには共通点が 1 つあります。それは、生命を脅かす可能性があることです。常に食物アレルギー、および食物アレルギーを持つ人々を真剣に受け止めてください。

食物アレルギー反応は、軽度のものから重度のものまで、予想外に変化する可能性があります。軽度の食物アレルギー反応は、いくつかの蕁麻疹または軽度の腹痛のみを伴うことがありますが、一部の食物アレルギー反応  は、低血圧および意識喪失を伴う重度のアナフィラキシーに進行します.

食物アレルギーは、免疫系の異常反応によって引き起こされる病気であり、食物を摂取することで体内に侵入した異物に反応して発症します。一般的には、小麦、卵、牛乳、落花生、大豆、魚介類、木の実などが代表的な食物アレルゲンとして知られています。

現在、食物アレルギーの発症率は増加傾向にあり、特に小児期に多く見られます。また、アレルギーの重症度や症状は個人差があり、軽度のものから命に関わるような重症なものまで幅広く存在します。

食物アレルギーに対する治療法としては、現在のところ完治する方法はなく、避けることが唯一の対処法とされています。しかし、アナフィラキシーショックを引き起こす可能性がある重症の場合には、緊急治療が必要となります。

食物アレルギーに関する研究は、病態解明や予防、治療法の開発など、さまざまな観点から行われています。以下に、近年の食物アレルギー研究の成果をいくつか紹介します。

食物アレルギー発症の原因として、腸内細菌叢のバランスが乱れることが関係していることが明らかになっています。具体的には、腸内細菌叢の多様性が低下することが食物アレルギーの発症リスクを高めるとされています。

食物アレルギーによるアナフィラキシーショックの発症メカニズムが解明され、治療法の開発に繋がる研究が進んでいます。例えば、新たに開発されたアレルギー治療薬は、アナフィラキシーショックの発症リスクを低減することが期待されています。

特定のアレルゲンに対する免疫療法によって、食物アレルギーの改善が期待される研究が進んでいます。