アレルギーリサーチグループの会社情報

沿革

Allergy Research Group LLC(アレルギーリサーチグループ リミティッド・ライアビリティ・カンパニー)は、 1979年にStephen A.Levine博士によって設立されました。その後、KI NutriCare, Inc.の子会社となり現在に至ります。KI Nutricareは、その完全子会社であるCountry Life、LLCを通じて、豊富な種類のビタミン、栄養補助食品、パーソナルケア製品など、幅広い栄養製品を販売しています。KI Nutricareは、キッコーマン株式会社の完全子会社です。Allergy Research Group LLCは、現在、アメリカユタ州に拠点を置きます。Allergy Research Groupは、栄養補助食品の研究と製品開発のリーダーです。同社は1980年以来、高品質で低アレルギー性の栄養補助食品を製造しており、現在、世界中の6,000人を超える医師と医療従事者に製品を供給しています。[1] [2] 

本部所在地

アメリカ合衆国 ユタ州サウスソルトレイクシティ サウスメインストリート2300

マネージメント

役員

Tim Gerke(President 社長)

Tim Gerkeは、アレルギーリサーチグループの社長を務めており、国内および国際的に人間と動物の両方の分野で25年以上の経験を持つ、栄養補助食品業界で注目に値するリーダーであり続けています。ティムは、英国のデロイト、バイエル、ダヴィンチラボ、タンジェリングループで上級管理職を務め、製薬会社と栄養補助食品会社の委託製造業者の再編成と更新を支援しました。

Sal Parsinejad(Chief Operating Officer 最高業務執行責任者)

Sal Parsinejadは2019年にアレルギーリサーチグループに加わり、2021年2月に最高執行責任者に任命される前に、いくつかの重要な役割を果たしました。Parsinejadは、MBA(マネジメントとオペレーション)及び国際ビジネスと起業家精神の修士号を取得しています。グローバルリーダーシップとプログラムマネジメントで約20年の経験を持つ彼は、アレルギーリサーチグループを以前の場所であるカリフォルニア州アラメダからユタ州ソルトレイクシティに移転することに大きく貢献しました。

Dan Mallar(VP of Sales 営業担当副社長)

営業担当副社長のDanMallarは、30年近くサプリメント業界に携わってきました。ビジネス成長について確かな実績があり、医療従事者市場の主要な利害関係者との強力な関係を築いてきました。アレルギーリサーチグループでは、アレルギーリサーチグループ製品の販売と認知度の拡大を担当しています。さらに、Danは医療従事者の会議、展示会、イベントでアレルギーリサーチグループを代表しています。当社に入社する前は、大手医療従事者企業であるProThera、Incに在籍し、11年間の在職期間中に売上を飛躍的に伸ばしました。

Clinton Abbott(VP of Operations オペレーション担当副社長)

Clinton Abbottは1996年にアレルギーリサーチグループに加わり、2021年2月にオペレーション担当副社長に任命されました。 Abbott氏は、オペレーションとサプライチェーンの管理の成功に尽力してきました。カリフォルニア州立大学サクラメント校に通い、経営学の理学士号を取得しました。

Dr. Todd Born(Director of Product Development 製品開発ディレクター)

Dr. Todd Bornは、自然療法医、認定栄養スペシャリスト(CNS)、製品開発ディレクター、アレルギーリサーチグループの科学顧問であり、フォーカスニュースレターの編集長です。Dr. Todd Bornは、2007年からさまざまな役割でアレルギーリサーチグループに所属しています。彼はまた、国際医療ウェルネス協会の医療ウェルネスアドバイザーでもあります。彼は2010年にワシントン州シアトルのバスタ大学を卒業し、バスタ自然衛生センター、13の教育クリニック、エバーグリーンおよびハーバービュー医療センターの救急医学部門、バージニアメイソン病院の物理医学およびリハビリテーション脊椎クリニックを経験しました。彼の臨床の特徴は、複雑な慢性疾患を持つすべての年齢の人々を治療するために統合医療を利用することです。

Tuyen Luong(Director of Quality Control 品質管理ディレクター)

Tuyen Luongは、2010年4月からアレルギーリサーチグループに所属し、さまざまな品質保証、品質管理、および規制機能の役割を果たしてきました。2017年9月に、Luongが品質管理/品質保証のディレクターになりました。この役職では、Luongはグローバル品質戦略を担当し、製造、パッケージング、実験室、流通業務におけるグローバルな規制コンプライアンスを支援しています。医薬品/栄養補助食品の品質とコンプライアンスの確立されたリーダーとして、彼は包括的な内部および外部プログラムを構築し、品質保証のための主要なビジネスプロセスを合理化する豊富な経験があります。アレルギーリサーチグループに参加する前は、Luongは、さまざまなサプリメント会社および製薬会社で品質管理のリーダーを務め、新製品の商業化の成功に関与してきました。彼はカリフォルニア州ヘイワードのイーストベイにあるカリフォルニア州立大学で健康科学の理学士号を取得しています。彼は現在、カリフォルニア州薬局指定代表卸売業者ライセンス番号EXC18771を保持しています。

Corona Cox(Controller コントローラ)

Corona Coxは2020年2月にアレルギーリサーチグループに加わりました。彼女はユタ州の公認会計士の資格を持ち、プライスウォーターハウス・クーパーズ監査法人で3年間の公会計経験を含む8年間の会計士経験があります。Corona Coxは、会計機能をカリフォルニア州アラメダからユタ州ソルトレイクシティにある同社の新しい本社に移行するのに尽力しました。

 

科学諮問委員会

Stephen Levine, PhD

Stephen Levineはカリフォルニア大学バークレー校で分子遺伝学の大学院の仕事をし、1979年にアレルギーリサーチグループを創立しました。。彼の最もよく知られている研究は、フリーラジカルやその他の酸化ストレスの調節についてのものです。

Michael Ash, DO, ND, BSc(Hons), RNT

Michael Ashは整骨療法士、自然療法医、栄養療法士です。彼は1982年に英国最大の統合医療クリニックの1つを創設し、ディレクターを務め、1992年に機能医学の原則と実践を紹介しました。25年間のフルタイムで事業に従事したe後、2007年に事業を売却しました。彼は現在、Nutri-LinkLtdおよびClinicalEducation(非営利の大学院医学教育会社)のマネージングディレクターを務めています。

Todd A. Born, ND

ATodd A. Bornは、自然療法医、認定栄養スペシャリスト(CNS)、Born Naturopathic Associates、Incの共同所有者および医療ディレクターです。Bornは、アレルギーリサーチグループの製品マネージャー、新製品開発責任者、科学顧問です。 2007年からさまざまな役割でアレルギーリサーチグループに所属しています。ボーンはシアトルのバスタ大学を卒業し、シアトル地域の病院でローテーションを行いながら、バスタ自然衛生センターとその13の教育クリニックで研修を終えました。

Antony Haynes, RNT BA(Hons), Dip ION

Antony Haynesは、1992年から栄養セラピストとして個人開業しており、毎週ロンドンのハーレーストリートで働いています。彼は英国で最も経験豊富な登録栄養療法士の1人であり、1994年以来、英国で機能医学の原則を実装した最初の開業医の1人です。[3] 

最高品質と低アレルギー性(Hypoallergenic

 

最高品質

品質管理

1979年以来、アレルギーリサーチグループは入手可能な最も純粋な原材料のみを使用し、原材料の検査、製造、包装、保管を含む生産のすべての段階で厳格な品質管理手順を実施してきました。アレルギーリサーチグループは、ユタ州農業食品局、食品施設登録番号190455および米国FDA登録番号16013952140によって認可されています。アレルギーリサーチグループは、NSF International、証明書番号C0549130-によってGMP製造業者として認定されています。

GMP基準

アレルギーリサーチグループの製品は、21 CFRパート111FDA規制に基づいて製造されており、栄養補助食品の現在の適正製造基準(cGMP)に準拠しています。GMP基準は、原材料の受け取り、テスト、承認、製造、プロセス管理、ラベル付きおよびパッケージ化された完成品の実験室テスト、流通管理と説明責任など、栄養補助食品の製造に関連するさまざまな手順に適用されます。鮮度と効力を確認するための貯蔵寿命満了試験を行っています

長年にわたり、一貫性を確保するために、同じメーカーを使用して、粉末処方、カプセル、錠剤、ソフトジェル、ジェル、および液体製品を製造してきました。当社の認定メーカーはすべて、FDAによって確立されたcGMP要件、および州および地方の規制を満たしているか、上回っています。ユタ州サウスソルトレイクシティにある施設では、高度な訓練を受けたスタッフが完成品のボトル充填、ラベル貼り、出荷を行っています。新しく設置された自動瓶詰めラインには、重量検証や金属探知などの複数の品質チェックが組み込まれており、完成したすべてのパッケージ製品に事前に決定された物理的数値があり、汚染物質がないことを確認します。 

独立した第三者研究所

アレルギーリサーチグループ社内の品質管理部門に加えて、認定された独立した分析研究所を使用して、原材料と完成品をテストしています。当社の製品は、同一性、純度について分析されます。および効力、およびすべてのラベルに記載されている内容の事前に決定された量が含まれていることが確認されています。微生物、農薬/除草剤、アフラトキシン、残留溶媒、および重金属の分析も、該当するすべての製品に対して実施されます。

 分析の手順

高速液体クロマトグラフィー(HPLC)、IRおよびUV-VIS分光法、キャピラリー電気泳動(CE)、誘導結合プラズマ質量分析(ICP-MS)、原子吸収(AA)など、多くの高度な分析方法を利用しています。薄層クロマトグラフィー(TLC)、フーリエ変換赤外分光法(FTIR)、DNA分析、GMOテスト、主要な食品アレルゲンテスト、および放射線汚染テストも行っています。

卓越した成分品質

アレルギーリサーチグループは、入手可能な最も純粋で最高品質の原材料のみを使用しています。[4] 

低アレルギー性(Hypoallergenic)製品

1979年の創業以来、私たちは最も純粋で、可能な限りアレルギーの可能性が最も低い天然成分のみを使用してきました。アレルギーリサーチグループは、すべての製品ラベルにアクティブと非アクティブの両方のすべての成分を完全に開示しているため、医師は患者の栄養サポートについて十分な情報に基づいた選択を行うことができます。低アレルギー性(Hypoallergenic)とは、「すべての一般的なアレルゲンを含まない」、具体的には、小麦、トウモロコシ、大豆、グルテン、酵母、乳製品、卵、魚、甲殻類の甲殻類、木の実、ピーナッツと定義します。一般的にサプリメントに反応する多くの非常に敏感な個人は、アレルギーリサーチグループ製品に耐えることができます。 

脚注

1 企業買収

2.キッコーマン株式会社 第104期有価証券報告書 7P 10P

 3.マネージメント

4. 品質管理

 

アレルギーリサーチグループ商品一覧