アレルギーリサーチグループ スローモーション メラトニン

投稿者 :リンクプロ on

Allergy Research Group(アレルギーリサーチグループ)は、メラトニンを米国市場に初めて導入した企業です。メラトニンの主な機能は睡眠をサポートすることです。また、メラトニンにはヒドロキシラジカルの除去による抗酸化特性もあります。

スローモーション メラトニンは、特別に調製された低用量のメラトニンで、脂質マトリックスに安定化されています。この特許出願中の脂質マトリックスタブレットシステムは、メラトニンを胃酸から保護し、リンパを介して吸収されるように設計されています。脂質マトリックスシステムを使用しない製剤は、まず門脈システムを通過する必要があります。‘スローモーション’のような特性は、微細化された脂質マトリックスシステムの副産物です。

体は内因性メラトニンの分泌を生物学的な夜の長さと同期させます。通常のメラトニン製剤は、メラトニン分子の短い半減期のため、速い全身放出と代謝が特徴です。これにより、摂取後1~2時間で過剰な生理的レベルに急上昇し、その後徐々に正常レベルに戻ります。適切に調製されていない修正放出製剤は、起床後何時間もシステム内にメラトニンを残し、‘二日酔い’のような効果を引き起こすことがあります。このような異常に高いメラトニンレベルの昼間の存在は、概日リズムのフェーズ遅延を引き起こし、睡眠問題をさらに悪化させる可能性があります。

アレルギーリサーチグループ


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →