アレルギーリサーチグループ 視床下部

投稿者 :リンクプロ on

アレルギーリサーチグループの腺製品は、凍結乾燥されています。これは、材料をすぐに凍結し、その後高真空状態に置くことで、水分を固体状態から直接蒸発させる方法です。この高度で繊細な技術は、材料の繊細な性質を尊重し、水分以外のすべて、脂肪分を含む腺組織に自然に存在するものをそのまま保持します。

アレルギーリサーチグループの腺材料の各ロットは、厳格な微生物、重金属、汚染物質の検査を受けています。

人類の歴史を通じて、大多数の人々は食べる動物の臓器を摂取してきました。世界中の先住民族文化は、その生命を与える特性のために臓器肉を重視してきました。臓器肉(別名オフアル)は、地球上で最も栄養密度の高い食品の一部です。これらは、筋肉肉だけでは得られない栄養素を提供します。

西洋文化における臓器肉の摂取習慣は、過去150年で劇的に減少しました。20世紀初頭までには、臓器肉の摂取は中流および上流階級のアメリカ家庭では稀でした。19世紀中頃からの産業革命に伴う工場農業の導入により、市場には豊富な家畜肉が出回るようになりました。肉全般がより手頃で中流階級にも普及し、同時に臓器肉の人気は低下しました。

臓器肉や組織は、その高い栄養密度に加え、細胞情報を提供し、遺伝子発現を変える可能性があると理論化されています。これにより、様々な潜在的なメカニズムを通じて臓器の恒常性や修復が行われる可能性があります。実際に、臓器抽出物は臨床的に成功を収めており、特に甲状腺健康をサポートするための甲状腺腺製品の使用が長い歴史を持っています。

活性成分の分離と一貫した投与量を持つ標準化された抽出物の準備の欲求に駆られ、製薬業界は20世紀初頭にそのような製品を作り出しました。しかし、多くの患者や臨床医は、合成および分離された成分製品が、健康な甲状腺機能の維持に関して、全臓器の抽出物と比べて必ずしも効果的でないことに気づきました。腺医療のリーダーたちは、全臓器には他の相乗的な成分が含まれており、それがより大きな健康効果を生み出すと仮定しています。

アレルギーリサーチグループは、歴史を通じて多くの人々を支えてきた全臓器および腺抽出物の準備の実践を継続することに専念しています。動物が人道的に飼育され、最も健康的であることが重要です。そのため、最も厳格な農業慣行で飼育された動物のみを使用しています。例外として、私たちの副腎皮質はBSEフリーの国であるアルゼンチンから供給されていますが、主にオーストラリアおよびニュージーランドで飼育された、政府検査を受けた放牧動物から得られる腺組織を使用しています。

腺製品は冷蔵せず、涼しく乾燥した場所に保管することをお勧めします。冷蔵庫の湿度は、製品の安定性を低下させる可能性があります。

アレルギーリサーチグループ


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →