アレルギーリサーチグループ Acetyl-Glutathione

投稿者 :リンクプロ on

アレルギーリサーチグループのアセチルグルタチオンは、胃や消化管で安定しており、吸収が良く、細胞に直接入り、細胞質に運ばれてミトコンドリアに取り込まれることができる、新しい経口グルタチオン製剤です。*他の形態のグルタチオンとは異なり、アセチルグルタチオンの錠剤は便利で摂取しやすいです。

グルタチオンは体全体に存在し、肝臓や腎臓、肺や腸の内壁に集中しています。これは体内の主要な内因性抗酸化物質であり、体内のすべての細胞のレドックス状態を維持する上で中心的な役割を果たします。*

グルタチオンは酸化剤と直接反応し、他の抗酸化物質をその還元形に再生します。これには、グルタレドキシンなどの内因性抗酸化物質や、ビタミンCやEなどの外因性抗酸化物質が含まれます。*また、グルタチオンはグルタチオンペルオキシダーゼの補因子として機能し、一酸化窒素サイクルの調節にも関与しています。グルタチオンは肝臓と腎臓の解毒プロセスに重要であり、グルタチオンレベルは免疫状態の重要な指標と見なされています。

グルタチオンはトリペプチド(すなわち、3つのアミノ酸で構成されている)ため、経口の還元型グルタチオンは生化学的および薬物動態的に好ましくない特性を持っています。腸からの吸収が良くなく、血漿中の半減期が短く、細胞内に輸送されるかどうかも明確ではありません。経口摂取すると、体はほとんどのグルタチオンをその構成アミノ酸(システイン、グルタミン酸、グリシン)に分解して血流に吸収させる必要があります。仮に全体のグルタチオンが血流に入ったとしても、細胞に取り込まれるためには分解され、細胞内で再合成されなければなりません。体内の代謝的および酵素的な障害がこれらのプロセスを妨げる可能性があります。

S-アセチルグルタチオンは、血漿中で安定しており、細胞に直接取り込まれることができるグルタチオンの可逆的な生体共役体の一つです。脱アセチル化は細胞内で通常の過程であり、細胞内に入るとS-アセチルグルタチオンは自然にグルタチオンに脱アセチル化されます。

S-アセチルグルタチオンはペプチドのスルフヒドリル部分に一つのアセチル基を含みます。細胞内では、アセチル基が除去されてミトコンドリアの作用に必要なグルタチオンが補充されます。*

リポソーム形態や坐剤のような他の吸収を高めたグルタチオン製剤は、使用が困難または不快に感じる人もいます。対照的に、アセチルグルタチオンはこれらの問題がなく、摂取が簡単です。アセチルグルタチオンをビタミンCと一緒に摂取すると、両方の特性が強化される可能性があります。

アレルギーリサーチグループ


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →