アレルギーリサーチグループ コルチゾールレギュレーター

投稿者 :リンクプロ on

アレルギーリサーチグループのコルチゾールレギュレーターは、マグノリアとフェロデンドロン(Relora®)の抽出物、アシュワガンダ、レモンバーム、ジャーマンカモミールの標準化抽出物を組み合わせたユニークなブレンドです。これは、健康な気分と落ち着き、回復的な睡眠、ストレスに対するバランスの取れた反応を促進するために処方されています。また、健康的な食習慣をサポートし、ストレスに関連する消化不良を軽減するのに役立つかもしれません。

Relora®には、コルチゾールレベルとストレスを低減し、気分状態のスコアやストレスによる食欲増進者の体重維持に対するプラスの効果を示す、査読付きのランダム化二重盲検プラセボ対照試験が3件あります。コルチゾールは、副腎で生成されるステロイドホルモンで、体のストレス反応に対処するために重要な役割を果たし、血糖値のコントロールや免疫反応のサポートにも役立ちます。タンパク質、脂肪、炭水化物の代謝にも関与しています。健康なコルチゾールレベルは、良好な睡眠、記憶、気分、正常な創傷治癒、電解質バランス、およびストレスの処理を向上させます。

マグノリアの樹皮は、何千年もの間、伝統的な中国医学で神経の緊張を和らげるために利用されており、現代の研究でもこれが確認されています。また、健康な睡眠と気分をサポートします。マグノリアは、グルタチオン生成のサポートを通じて、抗酸化活性および免疫効果を持ちます。マグノリアの樹皮抽出物は、睡眠の質をサポートし、入眠時間を短縮し、REMおよび非REM睡眠を増加させることができます。マグノリアの有効成分であるホノキオールとマグノロールは、ストレスを和らげ、健康な気分をサポートすることが示されています。

フェロデンドロン(フィロデンドロン・アムレンセ)またはコルクの木は、伝統的な中国医学でストレス管理のために使用される基本的なハーブの一つです。その有効成分には、ベルベリン、パルマチン、ジャトロリジン、リモノイドが含まれており、これらの多くは抗酸化活性を持ちます。フェロデンドロンは、心血管の健康、正常な血糖値、および体の正常な炎症反応の調整をサポートすることが研究されています。

アシュワガンダは、脳と体の両方がストレスに対処する能力をサポートします。慢性的なストレスを抱える成人を対象とした研究では、アシュワガンダが知覚されるストレスレベルを大幅に低減し、食欲を減少させ、幸福感を改善し、コルチゾールレベルや体重などの客観的な指標にも影響を与えました。また、睡眠不足が脳機能に与える影響を緩和し、睡眠不足が認知機能に与える悪影響を和らげる可能性があることが研究で示されています。アシュワガンダは、神経伝達物質であるガンマアミノ酪酸(GABA)に影響を与えるため、睡眠の質を向上させることができます。

カモミールは、心を落ち着かせるために一般的に使用される神経鎮静剤であり、リラックスしたお茶としてよく知られています。カモミールは心をリラックスさせ、一時的な筋肉の緊張を和らげ、深く安らかな睡眠をサポートします。

レモンバームは、コリン作動性調節を通じて鎮静効果を発揮するために伝統的に使用されています。レモンバームの抗酸化活性は、脂質過酸化を抑制し、その多くはポリフェノール化合物によるものと考えられています。また、フラボノイド、モノテルペングリコシド、トリテルペノイドを含んでいます。

アレルギーリサーチグループ


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →