アレルギーリサーチグループ Homocysteine Plus

投稿者 :リンクプロ on

アレルギーリサーチグループのHomocysteine Plusは、元々のホモシステインメタボライトフォーミュラを改良したもので、ホモシステインをメチオニンやその他の代謝物に分解するために必要とされる主要な栄養素、すなわちピリドキシンとピリドキサール5'-リン酸(P5P)としてのビタミンB6、メチルコバラミンとしてのビタミンB12、5-メチルテトラヒドロ葉酸(5-MTHF)としての葉酸、トリメチルグリシン(TMG)、およびL-セリンを提供します。* Homocysteine Plusは、ビタミンB2としてリボフラビン-5-リン酸、Setria®グルタチオン、亜鉛、および活性化されたピリドキサール-5'-リン酸の増量を加えて、フォーミュラを強化しています。*

正常なホモシステインレベルは、心血管および認知機能の健康、正常な代謝、および健全な気分と関連しています。* ホモシステインは、他のすべてのメチルおよび硫黄グループの代謝プロセスに直接的または間接的に影響を与える可能性があります。

ホモシステインは必須アミノ酸であるメチオニンから代謝されます。ホモシステインの過剰な蓄積を防ぐために、体はそれを肝臓の解毒経路であるトランススルフレーションおよびリメチル化経路を通じて分解することができます。トランススルフレーション経路には、ピリドキシンとP5P、およびセリンが必要であり、リメチル化経路にはメチルコバラミン、S-アデノシルメチオニン(SAMe)、5-メチルテトラヒドロ葉酸、亜鉛、およびトリメチルグリシンが関与することがあります。

高ホモシステインレベルは、ビタミンB6、B12、リボフラビン、および葉酸の低レベルと関連しています。1,2 個々の栄養素と血漿ホモシステインレベルとの間に相関関係がないか、または弱い相関関係しか見られない一方で、これらの栄養素のさまざまな組み合わせがホモシステインレベルの有益な変化と相関していることが示されており、これらすべての栄養素が何らかの形で必要である可能性を支持しています。 これらの栄養素の組み合わせは、単一の栄養素では不可能な相乗効果を発揮します。*

TMGは、他の栄養素が高ホモシステインレベルを改善しなかった場合に有効であることが示されています。* TMGは、一部の状況下でホモシステインのリメチル化を刺激し、ジメチルグリシンに変換します。* さらに、TMGのメチル供与活性は肝機能および解毒に重要であり、TMGは化学物質およびアルコール関連の肝臓へのダメージから保護する可能性があります。*

最近、ホモシステインがリボフラビンに非常に反応しやすいことが研究者によって確認されました。* 北米の食品は一般的にビタミンB2で強化されていますが、ヨーロッパではそうではなく、MTHFR 677 TT遺伝子型の特定のヨーロッパの個人はリボフラビン補因子の不足により高ホモシステインレベルを持つことが判明しました。*3

最近の研究では、特定の血糖状態を持つ個人において、亜鉛の補充が血清ホモシステインを減少させ、ビタミンB12および葉酸の濃度を増加させることが示されました。*4

システインはトリペプチドであるグルタチオンの成分です。システインはグルタチオン生成の律速アミノ酸であり、グルタチオン中のシステインの約50%は人間の肝細胞でホモシステインから供給されます。抗酸化酵素であるカタラーゼおよびスーパーオキシドディスムターゼならびにビタミンEは、システインがグルタチオンを生成するためのトランススルフレーション経路を強化する上で重要な役割を果たします。*5 ホモシステインはグルタチオンペルオキシダーゼを阻害し、この酵素は細胞を酸化から保護し、一酸化窒素の正常な生成および内皮機能に必要です。*6 血液中のグルタチオンレベルはホモシステインレベルと負の相関があり、グルタチオンの補充によりホモシステインレベルが減少することが示されています。

アレルギーリサーチグループ


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →