アレルギーリサーチグループ ATP Cofactors

投稿者 :リンクプロ on

高濃度ビタミンB-2/B-3の組み合わせ

食物をATPに変換し、ATPをエネルギー源として利用するためには、ビタミン、ミネラル、微量元素などの複数の微量栄養素が必要です。これらの微量栄養素の間には密接な相互作用とシナジー効果があります。ATP Cofactors®は、特に重要な2つの栄養素、ビタミンB-2(リボフラビン)とビタミンB-3(ナイアシン)を提供します。

ATP Cofactors®は、最良の結果を得るために、カルシウムよりもマグネシウムを重視した完全な栄養プログラムの一環として使用する必要があります。*

安静時の人間は、毎日体重の半分のATPを消費します。ADPと高エネルギーリン酸基からATPを合成するプロセスは酸化的リン酸化と呼ばれ、電子キャリアを介した電子伝達鎖を通じた電子の流れに依存します。NADHとFADH2は、ATP合成における主要な電子キャリアです。ビタミンBであるナイアシンとリボフラビンは、補因子NADHとFADH2の前駆体です。これらの補因子は、NADPHオキシダーゼシステムを介して過酸化水素を生成し、ヨウ素の酸化および有機化にも重要な役割を果たします。

ある状況では、体がナイアシンとリボフラビンから効率的にNADHとFADH2を合成できない場合があります。これは、この変換に関与する酵素の欠陥や損傷によるものです。* 補因子の適切なレベルを得るためには、非効率的な酵素を上回るために、より多くのリボフラビンとナイアシンが必要です。* 小規模な予備研究では、高用量の元素ヨウ素と組み合わせたビタミンB2およびB3の補給が、圧力耐性を改善し、ポイントの圧痛を軽減するのに役立つ可能性が示唆されています。*

以下のマルチビタミン・ミネラルの組み合わせをお勧めします:

  • 閉経前の女性には: Optivite® P.M.T.*
  • 閉経後の女性には: Gynovite® Plus
  • 男性には: Androvite® for Men

アレルギーリサーチグループ


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →