アレルギーリサーチグループEDTA配合バイオフィルムニュートライザー

投稿者 :リンクプロ on

 

バクテリアはしばしばバイオフィルムと呼ばれる粘着性のコーティング内で増殖します。バイオフィルムは、タンパク質、多糖類、その他の生体材料と二価カチオンで構成された厚く粘着性の物質です。この自作のマトリックスは、免疫細胞や抗菌分子から微生物を保護します。バイオフィルム複合体は破壊するのが非常に難しいことで知られています。

アレルギーリサーチグループのバイオフィルムニュートライザー(EDTA配合)は、トリプシンとセラペプチダーゼという2つの経口摂取可能な酵素と、アルファリポ酸およびEDTA(エチレンジアミン四酢酸)を含み、遅延放出カプセル(DRCaps®)に入っています。この混合物は、バイオフィルムを構成する結合を破壊するように設計されています。

セラペプチダーゼ(セラチオペプチダーゼ)は、さまざまな種の消化管に生息する微生物セラチアによって生成されるプロテアーゼ酵素です。元々はカイコガの繭を溶かすことで羽化を可能にする酵素として分離されました。精製されたセラペプチダーゼは、人体の組織を傷つけることなく、バイオフィルム関連のタンパク質を分解することが示されています。セラペプチダーゼは経口摂取可能であり、全身に線維素溶解効果を持ちます。

トリプシンは、膵臓によって生成されるプロテアーゼ酵素です。細菌タンパク質を含む広範な基質を消化します。トリプシンはバイオフィルムマトリックスの粘性と透過性を低下させ、生体組織へのバイオフィルムの付着を緩めることが示されています。さらに、トリプシンは細菌の表面タンパク質を除去します。補充されたトリプシンは経口摂取可能であり、摂取後すぐに活性酵素が血流に現れます。

アルファリポ酸(ALA)は、植物や動物に含まれる強力な抗酸化物質です。低い抗酸化能は酸化ストレスを引き起こし、微生物がバイオフィルム生成状態に移行するきっかけとなります。臨床試験では、ALAは細胞内の主要な抗酸化物質であるグルタチオンを増加させることで、総抗酸化能を改善することが示されています。適切なグルタチオンレベルは健康な免疫機能と関連しています。さらに、ALAとグルタチオンは直接的にバイオフィルムを破壊する効果があります。

EDTAカルシウム二ナトリウム塩: EDTA(エチレンジアミン四酢酸)は二価カチオンと結合するキレート剤です。経口EDTA製剤は、鉛などの重金属を体内から除去するために使用されることがあります。EDTAはカルシウムとアルギン酸の結合を緩め、バイオフィルムマトリックスを強化する多糖類を解放します。EDTAの追加により、抗菌分子がバイオフィルム複合体に浸透する能力が向上します。EDTAのカルシウム二ナトリウム塩形態は、血清カルシウムレベルを保護するために好まれます。

アレルギーリサーチグループ


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →