Now Foods(ナウフーズ)ナイアシンの形態と安全性

投稿者 :リンクプロ on

ナイアシン:多くの栄養補助食品の必須成分

ナイアシン(ビタミンB3)は、多くの栄養補助食品の必須成分であり、デイリーマルチビタミンやBコンプレックスビタミンに含まれています。ナイアシンは、肉、魚、ナッツ、豆類、穀物などの食品に自然に存在し、朝食用シリアルやパンなどの食品に添加されることもあります。食品やサプリメントに含まれるナイアシンの2つの形態は、ニコチン酸とナイアシンアミド(ニコチンアミド)です。また、体はアミノ酸のトリプトファンをナイアシンアミドに変換することもできます。

ナイアシンの利点とは?

ナイアシンは体内で補酵素として働き、いくつかの酵素が最適な機能を発揮するのを助けます。ナイアシンは400以上の酵素の反応に必要であり、栄養素をエネルギーに変換する、コレステロールや脂肪の代謝、DNAの生成と修復などの役割を果たします。ナイアシンは水溶性であり、体が必要としない余剰分は尿として排出されます。

どのくらいのナイアシンが必要か?

必要なナイアシンの量は、年齢、性別、健康状態によって異なります。成人男性の平均推奨摂取量は1日あたり16mg(推奨日量、DV)、妊娠中の女性およびティーンエイジャーは18mgです。ナイアシンの耐容上限摂取量(UL)は35mg/日であり、これは主にニコチン酸の形態に基づいており、不快な「ナイアシンフラッシュ」を引き起こす可能性があります。

ナイアシン不足が体に及ぼす影響とは?

ナイアシンの深刻な欠乏症はペラグラと呼ばれ、米国では非常に稀です。しかし、米国の一部の人々はナイアシンの状態が低く、ペラグラには至らないものの、ナイアシン依存性酵素が最適に機能するためのナイアシンが不足しています。リボフラビン(ビタミンB2)、ピリドキシン(ビタミンB6)、または鉄を十分に摂取していない人は、トリプトファンをナイアシンアミドに変換する能力が低下し、ナイアシン不足が進行する可能性があります。

ナイアシンフラッシュとは?

「ナイアシンフラッシュ」は、ニコチン酸を経口摂取した後に発生する皮膚の発赤であり、焼けるような感じやかゆみを伴います。通常、摂取後10〜20分以内に発生し、60〜90分続きます。これは一時的な現象であり、多くの人は1週間の定期使用後に耐性を発達させます。ニコチン酸の持続放出製剤はナイアシンフラッシュを最小限に抑えます。

ナイアシンフラッシュは、ニコチン酸を摂取する30分前にアスピリンを経口摂取することで軽減できます。ナイアシンフラッシュの強度を減少させるには、低用量から始めて数週間かけて徐々に増やすことが推奨されます。また、食事と一緒にニコチン酸を摂取すると、フラッシュの強度が軽減されます。

フラッシュフリーのナイアシンの形態はありますか?

ナイアシンアミド(ニコチンアミド)は、フラッシュを引き起こさないナイアシンの形態です。また、イノシトールヘキサニコチネートもフラッシュを引き起こさない形態として栄養補助食品にしばしば使用されます。

食品中のナイアシンのほとんどはニコチン酸とナイアシンアミドの形で存在し、一部の食品にはNADやNADPなどの補酵素活性形態のナイアシンも含まれています。体はトリプトファンをNADに変換するため、トリプトファンもナイアシンの食事源と見なされます。これらの形態は「ナイアシンフラッシュ」を引き起こすことは知られていません。

製品で使用しているナイアシンの形態

 Now Foods(ナウフーズ)では、ほとんどのナイアシン含有製品にフラッシュフリーの形態であるナイアシンアミド(ニコチンアミド)およびイノシトールヘキサニコチネートを使用しています。いくつかのフォーミュラには少量のNADも含まれており、この形態も安全でフラッシュフリーとされています。

いくつかのフォーミュラにはニコチン酸も使用しています。Niacin 500 mg、Niacin 500 mg Sustained Release、True Balance™、およびEnergyがそれに該当します。

クロムニコチン酸グリシネートまたはポリニコチン酸がナイアシンフラッシュを引き起こす可能性はありますか?

 Now Foods(ナウフーズ)では、クロムとニコチン酸を組み合わせることでその効果が高まることが示されているため、さまざまな製品にこれらの形態のクロムを使用しています。ニコチン酸とクロムを組み合わせることで、製品に最小限のニコチン酸が追加されるだけであり、ナイアシンフラッシュを引き起こす可能性は低いです。

ナイアシン含有 Now Foods(ナウフーズ)サプリメントを高用量で摂取した場合、ナイアシンフラッシュを経験する可能性はありますか?

公表された文献に基づくと、ラベルに記載された用法で使用する限り、ほとんどの Now Foods(ナウフーズ)サプリメントに含まれる形態と量のナイアシンは、重大な副作用を引き起こさないとされています。推奨用量を超える高用量を使用する場合は、医療専門家の監督の下で行い、毒性の兆候を監視する必要があります。フラッシュ以外の副作用は、ニコチン酸で1日1,500 mg、ナイアシンアミドで1日3,000 mgの用量で観察されていますが、これは35 mg/日のULを大幅に超える量です。

 Now Foods(ナウフーズ)は、35 mg/日のULを超えるナイアシンを含むいくつかの形態と用量のナイアシンを提供しています。ニコチン酸とナイアシンアミドはわずかに異なる機能を持つため、栄養補助食品にすべての形態のナイアシンが利用可能であることが重要です。 Now Foods(ナウフーズ)のナイアシンサプリメントを使用する個人は、医療専門家と協力して、最適な形態と用量のナイアシンを選び、特定の健康ニーズに最適な結果を得ることができます。

 Now Foods(ナウフーズ)

 


この投稿をシェアする



← 投稿順