AllergyResearchGroup(アレルギーリサーチグループ)L-5-ヒドロキシトリプトファン(5-HTP)

Posted by リンクプロ on

L-5-ヒドロキシトリプトファン(5-HTP)は、中間的な神経伝達物質であり、体内で必須アミノ酸のL-トリプトファンから変換され、5-ヒドロキシトリプタミン(セロトニン)やN-アセチル-5-メトキシトリプタミン(メラトニン)に変換されます。これは、私たちの気分や睡眠パターンを調整する脳の複雑な相互作用の鍵となる成分です。

神経伝達物質であるセロトニンは、私たちの感情状態に重要な役割を果たします。セロトニンの低レベルは、炭水化物の渇望や体重増加、気分や睡眠障害、物質依存と関連しています。5-HTPは血液脳関門を容易に通過してセロトニンに変換されるため、5-HTPはセロトニン代謝に関する多くの研究が行われており、正常な身体機能をサポートする役割を果たすことが示されています。

1989年にL-トリプトファンが汚染されたバッチのために米国市場から撤退した後、5-HTPがそのギャップを埋める形で登場しました。5-HTPは非常に少量が食品に含まれており、バナナ、トマト、プラム、アボカド、ナス、クルミ、パイナップルなどがその例です。我々は、一般にレクチン(輸血や骨髄移植のための血液型判定に使用される医薬品グレードの化合物)の製造に使用されるグリフォニア・シンプリシフォリアの種子から5-HTPを抽出しています。

5-HTPが適切に生産された場合、その純粋な物質自体が好酸球筋痛症候群を引き起こす証拠はありません。アレルギーリサーチグループの5-HTPは、純度を確保し、汚染物質が含まれていないことを保証するために、各ロットが慎重にテストされています。







Share this post



← Older Post Newer Post →