アレルギーリサーチグループの製品

投稿者 :リンクプロ on

アレルギーリサーチグループAllergy Research Group)が1979年に創業して以来、可能な限り純度が高く、アレルギーの可能性が最も低い天然成分のみを使用してきました。一般的なサプリメントに反応する非常に敏感な個人でも、アレルギーリサーチグループの製品を許容できる人が多いです。

アレルギーを起こしにくい成分を供給するだけでは簡単ではありません。 栄養素の「源」が必ずしもその栄養素がアレルギーを起こしにくいかどうかを確実に示すわけではありません。例えば、多くの栄養素は天然の植物物質から合成されますが、それらの物質は自然状態ではアレルゲンかもしれません。しかし、元の物質から純粋な栄養素を得るために使用される高度な合成および精製プロセスでは、アレルゲンは除去されます。適切に行われた場合、アレルゲンの含有量は実質的にゼロであり、高度な検査方法でも検出することはできません。この場合、元の原材料は無関係となります。 例えば、アレルギーリサーチグループの製品の一部に含まれるアスコルビン酸(ビタミンC)は、非GMOのコーンから得られますが、私たちは製品がGMO成分を含まないことを確認するためのPCRテストを行った際に、コーンのタンパク質は検出されないことがわかります。 一方、栄養補助食品にアレルゲンが含まれる可能性があるのは、原材料の選択が不適切であるか、加工が劣っているためだけでなく、製造過程の多くの段階でクロスコンタミネーションが起こる可能性もあります。製造者が個々の栄養素の製造時に最高の原材料と加工を使用していても、後の段階で成分を計量し、製品に混ぜ合わせ、カプセル化し、包装する過程でアレルゲンの痕跡が再び紛れ込む可能性があります。これらは一般的には頻繁に起こるわけではありませんが、発生することがあります。

アレルギーリサーチグループの製品がアレルギーを起こしにくいことを確保する方法

製品がアレルギーを起こしにくいことを確実にする最善の方法は、最終製品をテストすることです。 それがアレルギーリサーチグループが行っていることです。製品ラベルにHypoallergenicと表示されている場合、製品の純度を確保するためのあらゆる手段を講じていることを保証します。 製品の品質を確保するために私たちが講じている具体的な手段について、アレルゲン検査を含めて詳しく知りたい方は、品質管理ページをご覧ください。 最後に言及すべき重要な点があります:私たちの製品の多くが実質的にアレルギーを起こしにくいですが、そう表示されているわけではありません。具体的には、最終的なテストでアレルゲンが存在しない(検出不能)ことが示されたとしても、製品をHypoallergenicと表示しないかもしれません。FDAは、製造業者に対して、すべての製品ラベルに8つの主要な食品アレルゲンの存在を特定すること、およびそれらの食品から派生した成分を特定することを要求しています。成分が一般的なアレルゲンから派生している場合、製品が実際のアレルゲンを含んでいなくても、法律でそのアレルゲンを成分の源としてラベルに表示することが求められます。 すべての製品ラベルにすべての成分、活性成分および非活性成分を完全に開示していますので、医師は患者の栄養サポートに対して完全に情報に基づいた選択をすることができます。


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →